ご当地物産展で被災地支援の動き広がる

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
はてなブックマーク - ご当地物産展で被災地支援の動き広がる
[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`livedoor` not found]

全国の百貨店のご当地物産展でも東日本大震災の被災地を支援する動きが広がっている。

高島屋新宿店(東京・渋谷)では4月20日から25日まで「宮城の味特集」を開催している。次の商品が販売されている。
<菓匠三全>萩の月
<伊達の牛たん本舗>牛たん
<喜久水庵>喜久福
<もちべえ>ずんだ餅
<きちみ製麺>白石温麵
<豊屋食品>長茄子漬
<狩野食品>しそ巻くるみ揚げ

また、被災地でも地元の産品を販売をはじめている。藤崎(宮城・仙台)では営業再開に合わせ、4月22日から26日まで「希望へ 復興へ がんばろう市」を開催。「地産地消が復興への第一歩」として東北の食品の販売を行っている。また同じフロアではカセットコンロ、ガスボンベ、皿、タオル、ふとんなどの生活必需品も販売されている。販売されいる東北産食品の一例は次の通り。
<ぴょンぴょン舎>盛岡冷麺
<三陸海鮮料理 中村家>海宝漬
<小池菓子舗>あわまんじゅう
<カネショウ>はちみつ入りりんご酢
<ピーコックトレテール>前沢牛コロッケ
<パティスリーアンジェリーナ>旨塩シュー
<酒井製麺所>桜そば
<八戸ニューシティーホテル>虎鯖棒寿司
地下では山形の物産展も開催しているという。

水戸京成百貨店では4月28日から5月5日まで「北関東3県 茨城・栃木・群馬の物産と観光展」を開催する。震災以前から予定されていたが、被災地支援を前面に押し出して開催する。